換気扇が回っても風が戻ってきました

2018.06.28 Thursday

0

    梅雨時なので風呂場のカビとりをしようと思い、天井の換気扇のカバーを外したら、カビで真っ黒でしたので、雑巾で拭きとりながら羽が取れないかと思いながら、ねじを回したら、案外簡単に外せたので、水で丸洗いしました。きれいにした後で、元通りにしてスイッチオン。ホコリで詰まっていた羽がすっきりして音も静かになった感じでした。ところがカバーをしめてみると風がこちらに来ているような感じで、ためしにティッシュをあててみても、吸い付きません。これはおかしいと思い、日曜日でもやっていたメーカーの問い合わせ先に電話で聞いてみましたが、そんな例はない、故障だから、有償で修理しますという回答しかありませんでした。ネットで調べても、いい答えがみつからず途方にくれました。日曜日でも働いている工務店の友達に電話してみました。どこかが詰まっているのでは、と言われて天井裏も見たりしたのですが、つまっていません。最後に外の壁についている風の出口のカバーをネジから外してみました。結構、固かったですが、外れました。なんと、カバーのアミがホコリで詰まっていました。以前から、カバーのまわりの壁の色がなんで黒いのだろうと思っていましたが、アミが詰まっていて、脇から空気が出ていたようです。つまり、この数年間はスイッチは入れていたけれど換気になっていなかったということです。これで、スムーズに換気ができるようになりました。