LEDタイプのFPCカッターライトのご紹介です

2019.02.20 Wednesday

0

    美術館やギャラリーでご利用いただいております、日本応用光学のカッターライト、FPCシリーズにLEDのライトも登場しています。FPC-200のハロゲンランプ200Wの光とほぼ同じ明るさが出ているそうです。LEDですから、ハロゲンランプの電球色3000Kと白色4000Kの2種類から選べます。窓からの自然光が入るようなお店やギャラリーでは白色が効果的な場合があります。今までは色温度変換フィルターで白色に補正していましたから、光量のロスがなく白色の光を使えることになります。また、なんといっても省エネ効果に期待できます。ハロゲンランプ200W相当で、LEDですと35Wになっています。調光器を本体に内蔵していますし、既存のライティングダクト(レール)の調光も使えます。価格はハロゲンランプ使用の器具に比べて3倍くらいになりますが、一般的にはハロゲンランプなどの器具からLEDの器具に変わりますと、5倍くらいの価格になることが多いですから、割安ではあります。

    少し暗く、ピントが少し甘いかもしれませんが、東芝エルティエンジニアリングで生産完了したLEDのエリスポットライトと同様の使い方ができると思います。

    コメント
    コメントする