ゴキブリ対策で網戸のスキマを埋めました

2018.09.10 Monday

0

    今まで見ることのなかった、ゴキブリと、ムカデが玄関ホールに連日、次々と現れていました。ゴキブリも大き目なので、外から来たのは明らかです。一昨日は、洗面所でゴキブリを見かけたので、明らかに窓から入って来たとしか考えられません。そこで窓をよく見ると、網戸はしているのですが、サッシの掃出しと呼ばれるレールの切欠きたあって、水洗いするときに汚れと水を流す部分があるのですが、明らかに、虫が通れるほど多きいのです。それに、横からよく見ると網戸の枠と、サッシの枠の間にスキマが見えます。虫が十分通れる大きさです。洗面から手始めにチェックしていくと、風呂場、トイレ、他の部屋と、スキマのないところはありませんでした。予算があれば毛になっているスキマテープがいいのでしょうが、結構な長さが必要になるので、スポンジ形のスキマテープを、あらゆるスキマに貼りました。毛のテープは毛が自由に動きやすいので開け閉めがやりやすいようですが、スポンジは意外と固いので、ほぼ固定した状態で使う必要があります。これで、スキマを完全に埋めたので、もう虫が入ることはないと思います。

     

    アルミサッシと網戸の間に隙間ができていますアルミサッシの掃き出しと呼ばれる排水のキリコミ

    続きを読む >>